D-plus

東京都大田区のリサイクルショップ|ヴィンテージ雑貨・楽器の販売と買取専門店

ブログ - mono語り

昭和のカット硝子のコップ 昔を語る

200a

200c

昔のコップ。

昭和の真ん中より少し前あたりの品でしょうか。

もしかしたら、戦前まで遡れるかも知れません。

切子は色被せが断然きれいですが、単色も素朴です。

薄くて華奢な質感はどっしりたクリスタルのものとは違って

何より普段っぽくて懐かしい。

このコップにはアルミの薬缶で煮出した香ばしい麦茶が似合うような気がします。

三ツ矢サイダーなんかもいいですね。

そうなると、羽根のある扇風機と丸ちゃぶは欠かせません。

mono語り
 | 2014.02.04
カテゴリb
D-plusへようこそ

〒146-0092
東京都大田区下丸子1-16-9
TEL.03-3759-8031
info@d-plus.me