D-plus

東京都大田区のリサイクルショップ|ヴィンテージ雑貨・楽器の販売と買取専門店

ブログ - mono語り

益子 瀧田項一氏の器。

b0162790_1145060

花文花器

b0162790_1154225

染付牡丹文喰籠

     益子は好きな陶器の一つ。

瀧田項一氏の作品を扱う機会を得た。

眺めているといつの間にか、凛とした形と趣に引きつけられている。

作品に添えられた栞がある。
「窯辺独言」として綴られた言葉に陶芸の世界の深遠さを知る。

栞より・・・
「自らも用いたき器をつくるべし」
自ら欲せざるものを人を与ふるはよろしからずや、
自らにも愛こらずは、何ぞ他人に愛を求め得んや
柳宗悦<工人銘>の一節である
陶土を手にし轆轤に向かうとき、常に心の中で反芻する言葉である
器を作ることは、自らをも深むる事であることを、
このごろ知るようになった
「器は汝自身と知るべし」と、師の声が体内を去来する昨今なのである

柳宗悦氏の教えを胸に刻み、
富本憲吉、浜田庄司氏に師事、
日本民芸館展個人賞を受賞陶歴を持つ。

 二点の作品を前に、
思うことはただ一つ。
「器は作家自身」ということだ。

mono語り
 | 2014.02.18
カテゴリb
D-plusへようこそ

〒146-0092
東京都大田区下丸子1-16-9
TEL.03-3759-8031
info@d-plus.me